SIM DIPシステム

Agilent MSDシステムに設置可能なDIPが開発されました。高性能、フルオートメーションを可能にしたドイツSIM社のダイレクト注入を、ぜひ一度お試しください。

SIMロゴ
SIM
2013年3月31日をもって販売終了となりました。

SIM DIPシステムの特長
  • フロントからの自動導入
    5975MSDのフロントからの導入を可能にしました。サンプルをセットしてスタートした後は、自動的にMSへの導入、分析、取り出しを行います。
  • GC-MS分析との併用可能
    GC-MS分析用のキャピラリーカラムを付けたままダイレクト注入が可能です。ダイレクト注入によるスクリーニング分析の後、確認の為にGC-MS分析を行う事も可能です。
  • 自動分析
    GERSTEL MPS2との組合せで、液体サンプルの多検体自動分析が可能となります。
  • 固体試料の自動分析
    デュアルアームのオートサンプラを使用すれば、固体試料の自動分析も可能です。
  • 正確な温度コントロール
    3段昇温まで正確にコントロール可能です。分析後は急速冷却が可能なため、多検体分析時にスループットの向上が期待できます。
  • 簡単操作
    温度プログラムなどの設定は、ソフトウェアから一元管理可能です。
  • ZEOXカタログ

    MassWorksカタログ

    AromaOffice2Dカタログ

    MIDIカタログ

    SIMカタログ

    polarathermカタログ

    アプリケーションタイトル一覧
    アプリケーション登録